お洒落なお部屋に住みたい!賃貸マンションや不動産の見つけ方

誰もが憧れたことがある、生活を楽しめるお洒落なマンションテラスがついた部屋など諦めずに探してみるときっとお気に入りのお部屋が見つかるはずです。

住宅ローンの金利の種類について

住宅ローンの金利は3種類あることを知っていますか?金利のタイプには全期間を通して金利が変わらない全期間固定金利型のタイプと、一定の期間だけに固定金利が採用されている 固定金利期間選択型のタイプ、金融の情勢変化によって返済の最中でも金利が影響する変動金利型のタイプがあります。

これらのタイプにおいては三者三様のメリットデメリットがありますので、違いを見極めどのタイプが自身の家庭に適しているかを見極めていくことが必要になってきます。必要ならファイナンシャルプランナーなどの専門の機関に相談してみるのも、有効な手段といえます。

変動金利型の住宅ローン

住宅ローンを組む際に注意したいのが金利になります。金利にはさまざまなタイプがあり、そのなかでも変動金利型の住宅ローンには注意が必要とされてきます。変動金利型は金融の情勢変動に伴って返済の最中でも定期的に金利が変更していくことがあげられます。

このタイプにおいては借り入れた後に金利が減少することで、同様に返済額を減少することも可能になります。また、反対に金利が上昇してしまうと借り入れの金額も上がってしまうことがあげられます。また金利が常に変動するので返済計画を立てにくいこともあげられます。このようなポイントに注意して住宅のローンを組むといいでしょう。

住宅ローンの金利を安くする方法

住宅ローンを組むときに、金利をいかに安くするかによっては、今後の返済に大きく変わってきます。金利を安くする方法には、銀行へ直接交渉に行くか安い金利を提示している銀行へ借り替えの二通りしかありません。

借り替えと言っても、現在借り入れを行っている金融機関より、金利が高ければ意味がありません。他の金融機関へ借り替えを行う場合には、見積もりをしっかり取得することが重要となります。見積もり内容によっては、手続きにかかる手数料が高くなってしまい、借り替える意味がなくなってしまうこともありますので、十分ご注意下さい。

ローンを組む際の、融資率とは

ローンを組む際に出てくる融資率とは、頭金をローンで割って計算されます。 頭金がゼロの場合は、融資率10割ということになります。 逆に、全額一気に用意して払ってしまえば0割ということです。

だいたいは9割を目安としており、9割以上か否かによって、金利が変わることもあります。 頭金が大きければ、その分は引かれるので、返済額は小さくなります。

払える場合は、金利のない0割が総合的に特にはなります。 しかし、住宅は長く住み続けたいもので、大きな買い物なので、ローンを上手に活用することで、人生設計の手助けにもなります。

ローンの保証人をお願いされた際の注意点

知人からローンの保証人をお願いをされた経験をお持ちの方も多いことでしょう。第三者にお願いするぐらいですから余程困ってのことが伺い知れ、これが旧知の仲であればなおさら無下にはできず、何とか力になってあげたいと思うのが人情です。

しかし、この保証人という制度は、お金を借りた相手がローンを返せなくなった場合に代わりに支払う約束をすることです。簡単に引き受けて身を持ち崩したという話も多く聞かれますので、このような話をお願いされた場合は、即答せず相手の経済状況を調べたうえで重々検討することが望ましいでしょう。